本ページでは許諾を得て、下記リンク先の記事を転載しています。

▶ 土日の早朝のみ開催 デデドの朝市 そう言われると気になり行ってみました

出発当日も早起きだったのに、のんびりしても良いグアム2日目の朝も早朝から動き出しました。
この日は日曜日。
せっかく土日が旅行日にあたったのですから、土日飲み開催のデデドの朝市に行ってみたい。
ここで朝食を食べて、それから海に行こう。というのがこの日のスケジュールです。

宿泊ホテル隣接のJPストア前に来たシャトルバスに乗り、そのままデデドの朝市へ。
予約は必要なく、バス停とバスの時間を調べて待っているだけでOK。
運賃は片道4ドル、往復で7ドルになります。
もちろん帰りの足がないと困るので、往復チケットを購入しておきました。
シャトルバスと書きましたが、形は大型観光バスでした。
満員になると次のバスを手配するようです。

道路を挟んだ所にバスが到着。そこから歩いて朝市に向かいます。
帰りは朝市会場の出入り口外で並ぶと、バスまで誘導してくれる仕組みでした。

朝市についてまず目に入るのが食べ物が集まっているエリア。
ジュースやお弁当、新鮮な野菜が並んでいますが、とりあえず到着したばかりなので、チェックをしつつ奥まで見てみたいと思います。

始めてみるかぼちゃや長ーいナス、見た事がない野菜が並んでいて買ってみたくなる(笑)
でも、キッチンがないからね。
なんだろうとのぞきこむだけね^^

バナナの隣でカニを売ってた。
雑多すぎる(笑) 自分ちになっているバナナと自分で獲ってきたカニを並べたって感じ。

3枚10ドルのTシャツやサンドレスからストールに雑貨、食べ物までとなんでもありです。
似たようなお店も多かったかな。

アニマル柄のストールを1枚10ドルで売っていたのを値切って購入。
生地が気持ち良いから、夏場の寒さ対策に重宝しそうです。

キティちゃんが書かれた車があったけれど、キティちゃんグッズは売ってなかった。
ということは個人のもの?
めちゃくちゃ目立ってましたわ。

観光客も多いけど、現地の人もたくさんいらしてましたね。
1時間ほどで帰りのバスの時間です。
最終出発時間が決まっているだけで、これもアバウトで帰りたくなった人から並んで戻っていくの。

のんびり見たり、物色したりしていたら食べる時間がなくなってしまったので、帰りがけに買ってお持ち帰り。

右は車内で調理をしている場所で、左はすでに出来上がって屋台に並んでいるもの。
それからレモネードとマンゴースムージーを購入。

すでに出来上がっていてあまり美味しそうじゃないなぁっと思った左のビーフンが美味しかった。
試してみなくちゃわからないですね。

食後はハマモト トロピカルワールドへ向かいます。

 

グアムから帰国の途へ

ゆったりまったり海とランチの最終日

グアムプラザホテル内アジアンビストロ ジャで頂く朝食はエッグベネディクト

煌めく夜景が広がるレストラン SEA GRILL 

豊島屋酒造(株)で『天上本みりん』の仕込み見学としぼりたてのみりんを味わう 

天気も上々 バス・ツーリスティックに乗ってバルセロナ市内観光

サンツ・エスタシオ駅内でサクッとごはん

フランクフルトといえばフランクフルトでしょ