本ページでは許諾を得て、下記リンク先の記事を転載しています。

▶ 天気も上々 バス・ツーリスティックに乗ってバルセロナ市内観光

旅先を好きなように動くコツは早い時期に街の地図をおおまかにでも頭に入れる事。
ガイドがついて説明をしてくれる市内観光も良いですが、ざっとポイントを押さえながら好きな所で下車できる自由気ままな旅も魅力的です。

2日目の朝はホテルで朝食を頂いた後、バス・ツーリスティックのバルセロナ乗り降り自由一日乗車券を使ってぐるっと市内の観光要所を巡って位置関係を見に行く事にしました。
市内観光を付けませんか?って聞かれたので、こちらをオススメしたら予約をしておいてくれました。
ありがとうございます^^

バス・ツーリスティックはバルセロナ市内バスルート(レッド、ブルー、グリーン)44箇所のバス停で乗り降り自由。
5~25分間隔でバスも来るので時間ロスも最低限ですみます。
パリでも乗ったし日本語ガイドもあるから、風来坊のような旅にはピッタリの選択です。
時間は9時~19時、夏は終わりが一時間のびて20時まで。
と言ってもバス停のどこが始発で終了かというと書いてなかったような気がします。
メインというとカタルーニャ広場かなぁっと行きは良いけど帰りだけは早めに対処した方がいいかなと勝手に思って行動することにしました。

1日チケットは1枚26ユーロですが探すと期間限定で23ユーロで売っていたりします。。
ちょっと高いけど天気が良ければ2階建てバスのオープンエアは気持ちがいいし、雨女と一緒でも雨は降らないと決めてるし(笑)
さて、では乗車をしてみますか。

 

朝食を食べている時にふとバスってバルセロサンツから朝出発便があるのではないかと思いつき、乗り場に行ったらビンゴ!
バスが止まっていました。

まだドアが開いてないから大丈夫かなぁ?とウロウロしたけど、時間通りに乗れました。
ちゃんと時間守るんじゃん(笑)

イヤホンをもらって早速2階へ上がります。

ちなみにバス停は路線図付き。
見た瞬間この街は歩けると思ったわ。
感は当たるもので結果的には交通網が発達しているのでタクシーさえも使わず回れました。
(一度歩く方向を間違えたけどね 笑)
ちなみにもう一つ違う会社の同様のバスもあり、始めはそちらの会社の人に聞いちゃったようで、あっちだよと教えてくれました。
スペインの人 親切です。

 

乗り場はサンツエスタシオ駅を背にしてロータリー右奥。
あの目玉マークがあるので遠くからでもわかります。
上の写真は乗車してぐるっとロータリーに沿って動き出した所。
旅行記を書きながら改めて見ても便利な立地です。

乗客は始発時点で2組。
後ろにはだーれもいなくてのんびり。
日本語オーディオガイドを聞きながら出発です。
無料Wi-fiも搭載されているそうですが、景色を見たり撮影するのに夢中で全く思い出しませんでした。

早速不思議な塔が登場しました。
ダリって言っていたかな?
スペインの陽光がこのような色遣いをさせるのでしょうか。

 

 

サンツエスタシオを発車し、丘やスタジアム、港と回ってカタルーニャ広場で一旦下車。
日差しも風もちょうどよくて観光には最適でした。

 

★恋するパワースポット★【世界遺産】サグラダ・ファミリアは、私は「生きている」と思う @スペイン

ガウディ ~ 芸術と狂気のはざま 1

サンツ・エスタシオ駅内でサクッとごはん

フランクフルトといえばフランクフルトでしょ

豊島屋酒造(株)で『天上本みりん』の仕込み見学としぼりたてのみりんを味わう 

サンツ・エスタシオ駅内でサクッとごはん

フランクフルトといえばフランクフルトでしょ

グアムから帰国の途へ