ANA B747 さよならフライトチャーター

こんにちは、トラベラーズ編集長の のりおです。編集長コラムでは、旅行に関する心構えやテクニックなどを紹介していきたいと思います。

そこで今回は、海外旅行につきものな「長時間のフライト」をどう楽に乗り切るかのテクニックをご紹介。どれも航空関係者や旅のベテランに教えてもらった技なので、旅の常連には当たり前!?

1.空いてる席に移動する

ANA B747 さよならフライトチャーター

まず最もフライトを楽にするのがこちら。ハッチが閉じた際、飛行機(特に後方)に左右2席や3席が空いているガラガラの場所があったとしたら、そこに移動してしまいましょう。実は飛行機って、同じグレード間であれば移動しても大丈夫です(もちろんアテンダントに一声かけたほうがベターです)。旅行慣れしたツワモノは、チェックイン時に空席情報も確認して、早々に後方の席に移動してしまうこともあるのだとか。

ちなみに左右に2席、3席が確保できれば、肘掛けを持ち上げてしまい、そこで横になって寝ることが出来ます。座席をリクライニングして寝るよりも、間違い無く快適な睡眠が得られるでしょう。

なお、体調の悪い方や、お子さんなどを寝させたい方が居る場合は、ゆずりあってあげてくださいね。

 

2.現地時間に時計を合わせる

ANA B747 さよならフライトチャーター

これもわりと重要ですが、飛行機に乗ったらすぐに、現地時間へと時計を合わせてしまいましょう。飛行機の中でも、既に現地だと思って行動するのです。

これにより、今何をしたらいいのかが大変にわかりやすくなります。寝るべきなのか、起きるべきなのか、はたまた機内食を食べるべきなのか、時間を見て判断するようにしましょう。

 

3.食事は無理して食べない

ANA B747 さよならフライトチャーター

機内食って、提供されると無条件で食べてしまうものですが、前述の通り、現地時間を考えて食べる、食べないを決めましょう。例えば後で食べたいなど希望がある場合は、アテンダントに相談してみるのもオススメ。

なおフライト中のアルコールは地上よりも酔いやすいので、量に気をつけましょう。利尿作用も高まるため、水分量やエコノミー症候群が気になる方は、アルコールを避けるのも良さそうです。

 

4.ブランケットは万能選手

ANA B747 さよならフライトチャーター

機内で提供されるもので、最も使い勝手があるものといえばブランケットです。もちろん防寒にも使えますし、背中に入れて腰当てにしても良し、マクラの代わりにつかっても、膝の上に重ねてクッション風に使っても、床に敷いても良しです。また使いたいだけ数を貸してもらえますので、アテンダントさんに相談しましょう。なお、どのテクニックもそうですが、飛行機においては基本的に「こうしたい」を相談すると、おおよそは応えてもらえますよ。

 

5.ネックピローは好みに合わせて

飛行機で寝るためのアイテムといえばネックピローですが、こちら、使い慣れていないと逆に疲れることがあります。このあたりは経験に応じて判断したいところ。

ちなみにオススメは無印良品のもの2点。

フィットするネッククッション 杢ネイビー・約16.5×67cm | 無印良品ネットストア
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315005635

これはいわゆる「人をダメにするクッション」のネックピロー版です。ただしかさばります。

 

綿混天竺ネッククッション ネイビー×Gボーダー・約27.5×50c | 無印良品ネットストア
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076564119?searchno=6

僕が好きなのはこちら、空気で膨らませるタイプ。5割くらいの膨らまし加減で止めるのがポイントです。空気を抜けばポケットにも入るサイズで、携帯性が大変に高く、オススメ。ブランケットでくるんで、足下に置いてもいいですよ。

 

とにかく機内で大事なのは、最も長い時間をすごす座席をアジャストすることです。最も使えるのはブランケットですので、ぜひ上手に活用してみてください!

 


トラベラーズでオススメの「旅のコツ」記事はこちら!

海外におけるクレジットカード・キャッシュカード盗難・紛失時の緊急再発行方法

オーストラリアのビザ(ETAS)申請サイトで,先に進めない

Author Profile

のりお
のりおTwitter:@norio_airoplane
写真が好き。旅が好き。旅行記やネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。旅行はとにかく下調べをして「旅のしおり」を作って持参する派。Linkトラベラーズ創設より共同編集長を担当、2016年より単独の編集長に就任。

http://airoplane.net/

旅行者必見!冬のフィンランド・エストニアの服装と防寒対策 #link_finland #link_estonia

空港の手荷物を無人カウンターで預けられる!羽田空港が機械化しててビビったぞ!

こんなのあったの!?→スーツケースにバッグを固定できる専用ベルトがめっちゃ便利だぞ!

海外ショッピングで免税のリファンドを受け取るために知っておくべき重要なこと

エストニア政府観光局プレス・トリップにLinkトラベラーズのブロガーを派遣しました

いまトスカーナで見るべきものは?現地ガイドにピサの斜塔だけじゃない魅力を聞いた!

毎年京都に行く編集長が穴場としてオススメの京都紅葉スポットをこっそり教えます

【企画】ニュージーランド航空×Linkトラベラーズ ブロガーがリアルなニュージーランドをご紹介します!【実施中】