◆フィンランドからエストニアへ2時間の楽しい船旅【TLLINKタリンク】

b0141240_23445773.jpg

今回の旅の目的地「エストニア」。エストニアの首都タリンはフィンランドのヘルシンキからたった75kmしか離れていません。飛行機だとなんと25分でいけちゃいます!今回はお船の旅も楽しんじゃおう!とヘルシンキからフェリーに乗りエストニアのタリンまで行ってみますよ!

エストニア政府観光局主催プレストリップにLinkトラベラーズメンバーとして参加しています。

まずはヘルシンキのフェリーターミナル「タリンクシリアターミナル(Tallink Silja Terminal)」からフェリーに乗ります。

b0141240_23452413.jpg

こちらがチケット売り場。タリンク公式サイトから予約していくのがベターです。

b0141240_23453128.jpg

自動チェックイン機もあります。

b0141240_23454405.jpg

今回乗るのはスーパースター号のビジネスクラス。フェリーは1日に8本くらい走っています。

ヘルシンキータリン間の料金は片道だいたい28~48ユーロ(約3,500円~6,000円くらい。時間帯や時期によって変動します)。ビジネスクラスはプラス65ユーロ(約8,125円)。2時間の船旅です。これを使えば短期間でお安く2カ国周れちゃいます。

b0141240_23455745.jpg

こちらがスーパースター号。デッキ数は10(5階までが駐車場)、乗客定員2080人。UKOARAこんな大きな船に乗るのは初めてでワクワクします。(これは降りたときに撮った写真なのでやや外が暗め。)

b0141240_23460899.jpg

改札を入り、自分の乗る船のゲートで待ちます。約30分前から乗船が始まります。私が乗るのは13:30出発の便。

ターミナルにも改札内にもカフェあり。

b0141240_23462212.jpg

ゲートから船までは結構(5分くらい?)歩きます。

b0141240_23463014.jpg

 

◆タリンクのビジネスラウンジでブッフェを楽しむ

こちらがタリンクのビジネスラウンジ。ステキ!!!

空港のラウンジのようです。パスワード入力式でWiFiも使えます。

b0141240_00001398.jpg

ビジネスクラスはブッフェ付き。小さなスペースにフィンランドとエストニアの料理が沢山並びます。

b0141240_23465495.jpg

魚介が多いのも魅力的。

b0141240_23470898.jpg

フィンランドエストニアで多く見られるマヨネーズで和えたサラダ。

b0141240_23473222.jpg

こちらはフィンランド名物の焼きチーズ「レイパユースト」

キシキシした不思議な食感でジャムをつけていただきます。

b0141240_23471778.jpg

お菓子やフルーツもあるよ。

b0141240_23474921.jpg

b0141240_23475981.jpg

ビール、ワイン、お酒もなんでも飲み放題。

エストニアンビア「A.Le Coq(ルコック)」はマストで飲みたい!

b0141240_23483472.jpg

b0141240_16565862.jpg

フィンランドのホテルでも実感したけどやっぱりサーモンがすごく美味しいです。ポークはエストニアでよく食べられます。ピンク色のビーツのサラダもこの旅で気に入ったものの1つ。

b0141240_23485364.jpg

いつのまにか気づかないほど静かに船も動き出してた、モイモイ、フィンランド!

そしてお船でのとても優雅なランチ。大人だもの、こんな旅もいいね!飛行機より絶対おすすめ。

b0141240_19240924.jpg

デザートもしっかりいただくゆーこあら。

b0141240_23492146.jpg

◆タリンク探検へ出発!

b0141240_23494138.jpg

お腹もいっぱいになったし、この船には何があるんだろ?と探検に出ました。

免税店や大きなスーパーマーケット(免税なので安い!)。

エストニアとフィンランドのもの両方を買えます。

b0141240_23495235.jpg

カフェも沢山あるし、旅の雰囲気がより楽しめるので実はビジネスクラスよりも普通のクラスのほうが楽しいです。

b0141240_23500425.jpg

b0141240_23501379.jpg

カウンター席から夕日を眺めるのもステキな時間。

b0141240_23502277.jpg

先頭までやってきました。ここはラウンジ風。豪華客船の雰囲気を感じられる最もにぎやかな場所。

b0141240_23510782.jpg

大きな窓、そして4階建ての吹き抜けになっていてステージまであります。みんなこの2時間の船旅を楽しんでいるのがすごく伝わります。

b0141240_23511529.jpg

展望デッキに出たものの、強風&寒すぎて数分いるのが精一杯。

赤い犬のぬいぐるみは船内の免税店で買ったLotte。エストニアの国民的アニメキャラクターです。
エストニアの旅はLotteと一緒です、よろしくー。

b0141240_23512730.jpg

15時頃の夕日。

美しいけど立っているのが大変なくらい強風びゅんびゅん、ガチガチに寒いよ。

b0141240_23515427.jpg

そして、タリンの町が見えてきたよー。うー、美しい…。これが見られるのも船旅だからだよ。

b0141240_23521823.jpg

b0141240_23523698.jpg

 

◆エストニア基本情報

エストニアに着く前に、簡単にエストニアの基本情報を知っておきましょう。

エストニアはバルト三国のうちの1つ。ラトビア、リトアニアとごっちゃになるのは仕方ない!エストニアは一番北にあり、三国の中では一番の先進国。特にIT先進国でスカイプを発明したのもエストニアの一般人。
インターネットの接続は基本的人権の1つと考えられているため100%無料(visitestoniaガイドブックより)。どこかの大国とは大違いですばらしい。
勤勉&シャイで「ヨーロッパの中の日本」といったイメージだそうです。
アクセス:日本から直行便ナシ、ヘルシンキ乗換えがおすすめ。ヘルシンキから飛行機で25分、フェリーで2時間。
時差:-7時間(サマータイム時はー6時間)
通貨:ユーロ(物価は安め)
電源プラグ:Cタイプ
チップ:チップ制度はなし。(特別に何かしてもらったときだけ払おう。)
言語:エストニア語・英語
15:30 エストニアの首都タリンに到着。

b0141240_23524836.jpg

b0141240_23525527.jpg

日本人が大好きなフィンランドから実はお気軽に行けるエストニア。片道をフェリー片道を飛行機にするのが一番良いかも。なかなかクルーズの旅に出れない日本人には豪華客船の雰囲気を楽しめるこのお手軽フェリー「TALLINK」での移動はすごくおすすめです!

b0141240_23531649.jpg

b0141240_21233887.jpg

タリンク(TALLINK)公式サイト

タリン旧市街【サヴォイブティックホテル/Savoy Boutique Hotel】乙女な5つ星ホテル宿泊記 #link_Estonia

エストニアのマナーハウス宿泊記【VihulaMonor/ヴィフラマナーハウス】

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く #link_Estonia

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策 #link_Estonia

タリン旧市街【サヴォイブティックホテル/Savoy Boutique Hotel】乙女な5つ星ホテル宿泊記 #link_Estonia

エストニアのマナーハウス宿泊記【VihulaMonor/ヴィフラマナーハウス】

エストニアのニットとマジパン~かわいいお土産屋さん巡り #link_Estonia

幻想的!エストニア【ラヘマー国立公園・ヴィル湿原】でお気軽トレッキング #link_estonia