◆冬のフィンランド・エストニアは常に氷点下!

冬のフィンランド&エストニアって寒いんだろうけどどれくらい寒いの?って私自身も行く前に不安に思ってました。

12月のフィンランド&エストニアは最高気温が0度くらい、朝や夕方はマイナス3度~マイナス8度くらい。これは北海道と同じくらいなのかな。(冬の北海道を知らない…。)(日の出9時、日の入り15時なのでほとんど朝か夕方の気温です。)
b0141240_10370215.jpg
クリスマスマーケットや旧市街散策で外を歩くことが多かったので、とりあえず防寒対策優先の服装で過ごしていました。
こんな感じ↓
・インナー:ユニクロヒートテック(カイロ1枚背中に貼る!)
・トップス:セーター(カットソーやブラウス1枚でも大丈夫+カーディガンなど重ね着できるものがあると更に安心。)
※屋内に入ると暑くなることもあります。上着が暖かければ厚着しなくても大丈夫。
・ボトムス:ユニクロの暖パン
※暖パンの中にタイツやレギンスをはくとパーフェクト。ヒートテックのパンツではとても太刀打ちできませんでした。
・靴下:少し厚手のものがベター(カイロを貼る!)
・小物:マフラー、手袋、帽子はマスト
・上着:NANGAのダウン
※とにかく寒いしカメラ重いし肩が凝る!軽くて暖かいダウンに勝るものは無いです。今回はおしりの隠れる丈が欲しかったので4年ぶりにダウンを新調。NANGAデビューしました。
・ブーツ:SORELグレイシー
※雪対策でスノーブーツがおすすめ。雪はあまり無かったのだけど、路面が凍って滑りやすかったのでソールはグリップ力のあるものを。トレッキングブーツでも良い。
b0141240_10371076.jpg

これはブラウス(エストニアのクリスマスマーケットで45ユーロ)の下にタートルネックセーター(ユニクロ)を着てるけどセーターの替わりにハイネックのヒートテックでも大丈夫。ボトムスは太刀打ちできなかったヒートテックのパンツ。

b0141240_10371820.jpg
その他、取材はリュックで行動したくないけど今回は取材中に荷物が増えそうだったので元同僚ちゃんが仕入れた2WayバッグDAKINE 2FOR1 HIP PACKを購入。ヒップバッグはスリに狙われやすいので前に持ってくるのが安全デス。(今回はどちらの国も治安がよくそこまで混雑した場所にも行かなかったので後ろにしてました、油断~。)
b0141240_10564215.jpg

エストニア政府観光局主催プレストリップにLinkトラベラーズメンバーとして参加しています。

タリン旧市街【サヴォイブティックホテル/Savoy Boutique Hotel】乙女な5つ星ホテル宿泊記 #link_Estonia

エストニアのマナーハウス宿泊記【VihulaMonor/ヴィフラマナーハウス】

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く #link_Estonia

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策 #link_Estonia

タリン旧市街【サヴォイブティックホテル/Savoy Boutique Hotel】乙女な5つ星ホテル宿泊記 #link_Estonia

エストニアのマナーハウス宿泊記【VihulaMonor/ヴィフラマナーハウス】

エストニアのニットとマジパン~かわいいお土産屋さん巡り #link_Estonia

幻想的!エストニア【ラヘマー国立公園・ヴィル湿原】でお気軽トレッキング #link_estonia