フィンランドの首都ヘルシンキでは、ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバード Hotel Indigo Helsinki というブティックホテルに宿泊したわけですが、そのすぐ近くにヘルシンキでもっとも古いカフェ「Café Ekberg (エクべリ)」があります。

EKBERG(エクベルグ)

(※最初、お店の名前は英語風に「エクベルグ」と読むと思っていたのですが、スウェーデン風に「エクべリ」と読むそうです。)

1852年にスウェーデン系フィンランド人が創業したというCafé Ekberg は、創業160年を超える老舗で、現在のオーナーが4代目。もっとも古いカフェであると同時に、もっとも古い自営業者でもあるとのこと。

ekberg1
月曜日は朝7時30分から、土曜日は朝8時から、日曜日は朝9時から開店しています。

ekberg19
カフェとしての利用以外にも朝食ブッフェを目当てに来る人も多いです。

オートミールのおかゆ、シリアル、たまご、ハム、チーズ、サラダ、パン、クロワッサン、フルーツ、ジュース、コーヒー、紅茶を好きなだけいただくことができ、値段は平日は11.5ユーロ(約1,440円)、土日は17.9ユーロ(約2,240円)。

なお、エクベリの朝食ブッフェは平日は10時30分まで、土日は13時30分まで。

ekberg16
店内は落ちついた雰囲気で、古き良きカフェという言葉がぴったり。

ekberg17
入り口にあるカウンターのショーケースには色とりどりのケーキやおいしそうなパンが並んでいます。

ekberg23
フィンランド語、そして(フィンランドの公用語である)スウェーデン語の表記がありますが、英語表記がないので読めません……。パンは3ユーロ(約375円)~4ユーロ(約500円)台のものが中心。

フィンランドのレストランやカフェのメニュー(紙に印刷されているメニュー)は英語が併記されていることがほとんどですが、こうしたポップや、マーケットの手書きの案内などは英語表記がないことがけっこうあります。

ekberg24
クリスマスっぽいデコレーションのついた大きな黒パン。値段がなかったので飾りなのかも?

ekberg25
ekberg27
カウンターのショーケースにはCafé Ekberg特製のケーキがずらり。ケーキは1カットがだいたい5ユーロ(約625円)~7ユーロ(約875円)でした。

実はこのカフェの隣にはEkbergのパティスリーがあり、そちらでは持ち帰り用のケーキを購入することができます。

ekberg13
手前のEKBERGの看板がカフェ、奥のEKBERGの看板がパティスリー(菓子店)です。

ekberg14
ちょうどクリスマスシーズンだったので、パティスリー(菓子店)の通りに面したショーウィンドウにはお菓子の家が飾られていました。残念ながら今回は時間がなくて、店内をのぞくことができませんでしたが、焼き菓子などのお土産を買うのによさそうですね。

ekberg18
EKBERGの外観が描かれたメニュー表。こちらは英語表記ありです。

ekberg20
ちょっとパンキッシュな若いウェイターのお兄さん。

ekberg21
ドリップコーヒー3.4ユーロ(約425円)、カプチーノ4.2ユーロ(約525円)、カフェラテ4.8ユーロ(約600円)。

ekberg22
コーヒーもおいしく、ヘルシンキっ子たちに交じってゆったりとカフェタイムを過ごせるCafé Ekberg (エクベリ)。週末やランチタイムなどはかなり混雑することもあるようですが、ヘルシンキのデザイン地区を訪れたらぜひ立ち寄ってみてください。

※文中に記載している価格は2016年12月現在のものです。
※文中の日本円表記は2016年12月のレート、1ユーロ=125円で計算しています。

お店の名前 Café Ekberg
お店の住所 Bulevardi 9, 00120 Helsinki
公式サイト http://www.cafeekberg.fi/

[本記事はLinkトラベラーズの一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、執筆しています。]

エストニアってどこにあるの? どんな国なの? エストニアはフィンランドからフェリーで約2時間 #link_estonia

ヘルシンキからタリンへ!フェリー【TALLINK(タリンク)】のススメ #link_finland #link_estonia

フィンランドのクリスマスマーケット2016 オルナモデザインマーケットとヘルシンキ・クリスマスマーケット #link_finland

ヘルシンキのおしゃれサウナ【LOYLY(ロウリュ)】へ行こう #link_finland

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く #link_Estonia

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策 #link_Estonia

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

タリン旧市街 トーンペアの丘でトーンペア城、のっぽのヘルマン塔、大聖堂、展望台をまわる #link_Estonia