ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバード Hotel Indigo Helsinki
エストニア政府観光局プレストリップに参加し、フィンランド&エストニア旅行中の私。
フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)では、ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバード (Hotel Indigo Helsinki)というホテルに宿泊しています。

「ホテルインディゴ」は、インターコンチネンタル ホテル&リゾーツやクラウンプラザ ホテル&リゾーツと同じ、IHGリワーズクラブに加盟しているブティックホテル。口コミサイトでも、5段階評価で4.5~4.7の高評価を獲得している評判のよいホテルです。

ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバードはヘルシンキ市内デザイン地区の中にある、2015年3月にオープンしたばかりの新しいホテル。以下、実際に宿泊した感想をお届けします。

ホテル インディゴ ヘルシンキのロビー

ホテル インディゴ ヘルシンキ ロビー
ホテル インディゴ ヘルシンキ(Hotel Indigo Helsinki)は、ブティックホテル、デザイナーズホテルというだけあって、とってもおしゃれ! 客室は全120室と決して大きなホテルではないのですが、ホテルの内装やインテリアは、北欧デザイン好きな人にはたまらないはず。

入り口正面にあるロビーカウンターでチェックイン手続きをすると、ルームカードとホテル内で使える無料Wi-Fiのパスワードをもらえます。なお、チェックイン時にクレジットカードの提示を求められます。

ホテル インディゴ ヘルシンキの客室内の様子と設備

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ
こちらが今回宿泊したホテル インディゴ ヘルシンキのスタンダードルームの客室内の様子。このホテルにはシングルルームはなく、一人宿泊でもクイーンサイズのベッドまたはツインベッド(各120センチ幅)となります。

ベッドはデュベスタイル。ふかふかでクッション性に優れたベッドはとても寝心地がよく、エジプト綿100%のシーツもさらりとした肌触り。ぐっすりと眠ることができ、長距離フライトの疲れも吹き飛びます。

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ
客室内の壁には、北欧デザインを感じさせるイラストの壁紙。クッション張りのチェア、丸テーブル、デスク、スツール、薄型フラットテレビ(無料で見られる25のチャンネル)が置かれています。

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ 客室内
デスクは横幅があるのでパソコンを広げて仕事をしたい人にもぴったり。

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ バスルーム
バスルームは白を基調とした清潔ですっきりとしたデザイン。
タオル類は各サイズ十分な量が置かれ、バスマット、バスローブもありました。

タイル張りの床は、最初はひんやりするのかと思ったのですが、足を置いてみると床暖房が入っているようで、じんわり暖か。寒い国ならではのホテル設備なのでしょうか。

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ バスルーム
バスタブはなく、立って浴びるシャワーが付いています。
カーテンなどではなく、透明のアクリルパネルで仕切られているのえ、洗面所のほうが水びたしになることもなく安心。床暖房のせいか、シャワーブースの濡れた床もすぐに乾きます。

そのほかの客室内備品としては、ヘアドライヤー、アイロン、アイロン台、目覚まし時計がありました。

ホテル インディゴ ヘルシンキのアメニティ

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ アメニティ
ホテル インディゴ ヘルシンキのアメニティは、オーガニックコスメ AVEDA(アヴェダ)のもの。ローズマリーミントのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、敏感肌用保湿クリーム、固形石けん(クレンジングバー)がそろっています。

なお、ホテル インディゴ ヘルシンキに限らず、フィンランドンのホテルは歯ブラシが置かれていないことがほとんどだそうです。ヘアブラシ(コーム)もなかったので、自分のものを持っていきましょう。

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ コーヒー
入り口近くにある扉の中には、セキュリティボックス、ネスプレッソ、冷蔵庫(ミニバー)が置かれています。ネスプレッソ用コーヒーカプセル、ティーパック、ココアなどはフリー。

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ マリメッコカップ
カップはアラビア、グラスはイッタラ。さすが北欧デザインの国、フィンランド。おしゃれ!

Hotel Indigo Helsinki ホテル インディゴ ヘルシンキ ミニバー
冷蔵庫のミニバーは有料で、利用した場合はチェックアウト時に清算するシステム。ミネラルウォーター2€、ビルベリージュース3€、ビール4€など。
(※ミネラルウォーターは、室内に常温のものが1本用意されており、そちらは無料です。)

フィンランドの電源プラグ形状はCタイプ

フィンランド プラグ
これはホテル インディゴ ヘルシンキに限った話ではありませんが、フィンランドの電源プラグは、ヨーロッパ各国で使われている「Cタイプ」が主流です。日本の電源プラグを使用するためには、変換プラグ(アダプター)を持参する必要があります。

フィンランド プラグ
写真左のCと書かれた変換プラグは、家電量販店などで200円程度で購入可能。右のマルチ変換プラグはもう少し値が張ります。今回は海外Wi-Fiレンタルをしていったので、ルーターおよびモバイルバッテリーの充電用にこのマルチ変換アダプターが付いていました。

ホテル インディゴ ヘルシンキに泊まった感想

ホテルインディゴ
ホテル インディゴ ヘルシンキは、こじんまりとしていますが、北欧気分の味わえるおしゃれなホテル。スタッフもフレンドリーで気持ちの良い接客をしてくれます。

ホテル インディゴ ヘルシンキの立地

ホテル インディゴ ヘルシンキは、DESIGN DISTRICT(デザインディストリクト)と呼ばれる地区の中心部に位置しています。このデザイン地区には、デザイン、インテリア、アンティーク、ファッション、アクセサリーのショップが軒を並べており、北欧デザインが好きな方にはおすすめの立地です。

周辺にはカフェやレストランもあり、ショッピングにも歩いて行けるので便利。

そうそう、ホテル インディゴ ヘルシンキは、朝食ブッフェも素晴らしいのですが、そちらは改めて。

以上、ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバード Hotel Indigo Helsinki に実際に泊まった感想とホテル客室内の様子・設備・アメニティなどの紹介でした。口コミや評判の通り、とてもおしゃれで北欧らしい雰囲気の味わえる素敵なホテルでしたよ!

フィンランド・ヘルシンキ旅行を検討している方の参考になれば幸いです。

ホテル インディゴ ヘルシンキ データ
ホテル名:Hotel Indigo Helsinki – Boulevard
所在地: Bulevardi 26, 00120 Helsinki, FINLAND
公式サイト: ホテル インディゴ ヘルシンキ(英語)

 

エストニアってどこにあるの? どんな国なの? エストニアはフィンランドからフェリーで約2時間 #link_estonia

ヘルシンキからタリンへ!フェリー【TALLINK(タリンク)】のススメ #link_finland #link_estonia

フィンランドのクリスマスマーケット2016 オルナモデザインマーケットとヘルシンキ・クリスマスマーケット #link_finland

ヘルシンキのおしゃれサウナ【LOYLY(ロウリュ)】へ行こう #link_finland

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く #link_Estonia

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策 #link_Estonia

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

タリン旧市街 トーンペアの丘でトーンペア城、のっぽのヘルマン塔、大聖堂、展望台をまわる #link_Estonia