フィンランド航空
Moi! 私はいま北欧フィンランドの首都、ヘルシンキに来ています。

今回はブロガーによる等身大の旅マガジン「Linkトラベラーズ」の一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、フィンランド&エストニアの取材旅行中です。
(ブロガー、ライター、フォトグラファーなど総勢8人のグループで取材中。)

フィンランド航空便 機内の様子
日本-フィンランド間は、フィンランド航空の飛行機(成田・中部・関西発着)で、飛行時間は約10時間程度。ロシアの上空をずーっと西へ飛ぶ感じです。

世界地図で見るとフィンランドはかなり遠く見えるかもしれませんが、実際は極(北極)へ近づくイメージなので、パリ(日本から約12時間)やロンドン(日本から約12時間半)よりもフライト時間は短く、日本にとって”近いヨーロッパ”であると言えます。

フィンランド航空便 機内の様子
私は愛知在住なので、今回は中部国際空港(セントレア)発着のフィンランド航空便に搭乗したのですが、こんなに空いている飛行機に乗ったことがないというほど搭乗者の少ない便でした。

ちなみに私以外の7名は成田発着便で、そちらはかなり混雑していたそうです。

フィンランド航空 ブルーベリージュース
フィンランド航空の日本発着便(ヨーロッパ路線)では、食事が1回と軽食が1回、そのほかドリンクとアイスクリームが提供されます。機内食の内容は路線により異なるようですが、名古屋発着便の私は、昼食にさわらの照り焼き+お蕎麦、軽食にジャージャー麺が出ましたよ。

ドリンクはコーヒー、紅茶、日本茶、ジュース、ワイン、水などから好きなものを選ぶことができます。私はフィンエアーの新しい特製ドリンクのブルーベリージュースをいただいたのですが、とっても濃厚で美味しかったです。北欧はベリー類の産地として有名。フィンエアーを利用することがあれば、ぜひブルーベリージュースを試してみてくださいね。

(紙カップとかナプキンとかもマリメッコでおしゃれでした!)

昨日は移動と夕食のみで一日が終わってしまった感じなのですが、今日から数日かけてフィンランドとエストニアのいろいろなところをまわってきます。(フィンランドに2泊したあと、バルト海を船で渡ってエストニアに行きます。)

私は北欧は初めてで、しかも今回はクリスマスシーズンということでわくわく! フィンランド、エストニア両国のクリスマスマーケットも取材して、順次このブログにアップする予定です。

フィンランド、エストニアってどんな国? どんな見どころがあるの? 食べ物はおいしいの? 北欧デザインの雑貨はどんなものがあるの? クリスマスマーケットってどんなもの?……など、フィンランド&エストニアの魅力をたくさん発信していくので、ぜひご覧くださいね。

タリン旧市街【サヴォイブティックホテル/Savoy Boutique Hotel】乙女な5つ星ホテル宿泊記 #link_Estonia

エストニアのマナーハウス宿泊記【VihulaMonor/ヴィフラマナーハウス】

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く #link_Estonia

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策 #link_Estonia

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く #link_Estonia

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策 #link_Estonia

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

タリン旧市街 トーンペアの丘でトーンペア城、のっぽのヘルマン塔、大聖堂、展望台をまわる #link_Estonia