編集長の住んでいるさいたまを重点的に取り上げるシリーズ「ご贔屓さいたま」、今回は与野にある中華の名店「啓徳」をご紹介します。こちらのお店に来れば、まるで中国に旅行した気分になれる!?

古代中華料理のレシピを再現

啓徳 与野

与野駅西口から線路沿いを北側に5分ほど歩いたところに、この啓徳はあります。こちらのお店の特徴は、完全無化調の中華料理が食べられること。そしてその根源として、古来のレシピを資料から再現している点が挙げられます。つまり、まだ化学調味料が存在しない頃のレシピを追求しているということですね。そんなこともあって、啓徳の中華料理は「優しい」という印象があります。

 

よだれ鶏@啓徳

こちら、啓徳にきたらぜひ頼んで欲しい定番おつまみ「よだれ鶏」。よだれが出るほど美味しいということで名付けられたこの料理、いままで様々な中華料理店で食べてきました、個人的に啓徳のものがナンバーワン。四川風棒々鶏にもにたその味わいは、辛さと香ばしさのなかにふとした甘みと旨味を感じる、大変に複雑なテイスト。化学調味料なしでこの深い味わいを出している手法は、和食に通じるモノを感じますね。もちろんお酒との相性も最高です。僕はビールが苦手なので最初から紹興酒をいただきました。

 

麻婆豆腐 啓徳 Keitoku

定番中華のマーボー豆腐。辛みよりもコクで勝負するタイプです。大きめに切られたネギの歯ごたえもたまりません。これはライス必須な一品ですね…。

 

黒酢豚@啓徳

こちら名物「黒酢豚」です。黒酢を使ったことで生まれる優しい甘さと深いコク。ここでも料理の中心にあるのは「うまいなあ」としみじみ感じる旨味です。酢豚と聞くとガッツリ料理の印象がありますが、啓徳のそれはあくまであっさりさっぱり。お店いちの人気料理ということもあって、お店を訪れるほとんどの人が注文をしている印象です。

 

五目つゆそば@啓徳

うちの妻がもっともおすすめするのがこちら、五目つゆそばです。コクで勝負する同店ならではのこの深いうまみの渦!巷には無化調をうたうラーメン店がそれこそたくさんあるとは思いますが、啓徳がこの料理だけのラーメン店を作ったら、それこそ人気店になるでしょう。中華料理店でシメに中華そばって、最後に重そうな印象ありますが、とんでもございません。この軽さ。ぜひお試しいただきたい。

杏仁豆腐@啓徳
なお、この後さらに杏仁豆腐など注文されますと、より幸せになれるかなとは思いますので、こちらも強くおすすめしておきます。

 

啓徳
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15 [地図]

Author Profile

のりお
のりおTwitter:@norio_airoplane
写真が好き。旅が好き。旅行記やネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。旅行はとにかく下調べをして「旅のしおり」を作って持参する派。Linkトラベラーズ創設より共同編集長を担当、2016年より単独の編集長に就任。

http://airoplane.net/

女子力が高そうなジェラート屋さん「ViTO 新宿歌舞伎町店」がTOHOシネマズ 新宿の近くにOPEN

さて、海外旅行へ出発。成田空港でのオススメの過ごし方

この真夏の東京から、真冬のニュージーランドへ出発

ちょっとフライング気味に鎌倉のあじさいを見に行ってきた

エストニア政府観光局プレス・トリップにLinkトラベラーズのブロガーを派遣しました

いまトスカーナで見るべきものは?現地ガイドにピサの斜塔だけじゃない魅力を聞いた!

毎年京都に行く編集長が穴場としてオススメの京都紅葉スポットをこっそり教えます

【企画】ニュージーランド航空×Linkトラベラーズ ブロガーがリアルなニュージーランドをご紹介します!【実施中】