DSC02782_150711

はじめまして、chawanと申します。
Linkトラベラーズでは初寄稿となりますが、今後ともよろしくお願いいたします。

今回は日本百名山の一つである谷川岳に登って山頂の山小屋に宿泊し、山頂からのご来光を拝んでから尾瀬へ移動してトレッキングするという欲張りな1泊2日の旅にでかけてみたので、3回にわけてレポートします。

まず、谷川岳は山頂が標高1963メートルのトマの耳、1977メートルのオキの耳の二峰に分かれており、トマの耳のすぐ下には肩の小屋と呼ばれる山小屋があります。

150705_34l

急峻な崖に阻まれかつては魔の山とも呼ばれた谷川岳ですが、現在は標高1,319メートルの地点までロープウェイが敷かれるなど初心者でも登れるような登山ルートが整備されました。

今回はそのロープウェイを使った天神尾根ルートから登ってみました。

DSC03174a_150712

この登山道は最も安全で人気のあるルートで、多くの登山客が行き交うものの場所によってはロープや鎖を頼りによじ登る必要があるため、運動靴や軍手は準備しておいた方がよいでしょう。

DSC02796_150711

そして、これはワタクシの今回の登山での教訓なのですが、登山する時はあまり欲張ってアレもコレもと荷物を詰め込みすぎない方が良いかもしれません。

というのも、ワタクシはカメラ2台、レンズ2本、三脚、登山用炊事道具、ノートパソコンなどなどリュックサックがパンパンになるくらいの荷物を持ち歩いていたせいか、リュックの肩紐が肩に食い込んで痛んだり、背中に背負ったリュックの重みのせいか登山の途中でバテてしまったのですよ…。

少し歩いては休憩し、休憩しては歩き…、ゆっくりとマイペースで約4時間ほど歩き続けて、ついに到達した山頂からの絶景を見れば疲れなんて吹き飛んじゃいましたけどね!

DSC02906_150711

そして、最後の力を振り絞って尾根づたいに歩き続けて、

DSC02905_150711

もう一つの山頂であるオキの耳からの眺めも堪能したのでした。

DSC02878_150711

DSC02855_150711-2

ちなみに、ワタクシが下山したのは翌日となりますが、下山に要した時間は半分以下の約1時間30分でした。

DSC02890_150711

次回につづく

 

連続企画【いざ登山】では、登山関係の記事を紹介していきます!

 

 

sien440_03_logo

 

(本記事はLinkトラベラーズの旅ブロガー応援企画にて投稿されました。ブロガーに対して一定額の旅行券支給を行っています。なお、行き先や体験の内容、感想はブロガーに一任しております。)

Author Profile

chawanのたわごと
chawanのたわごと
chawanのたわごとの「ちゃわん」です。
デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼、アニメなど今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)

名古屋・文化のみちで大正ロマン建築を満喫

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その1 – 新宿から須走五合目まで

短時間で飛騨高山を堪能するなら、飛騨牛寿司をちゃちゃっと食べるのがオススメ

石川県の羽咋市駅前にはジョジョ立ちの聖地があった!?

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅〜ユルくないマジな撮影旅行だった〜

ペンギンの散歩など冬の旭山動物園を堪能してみた!

冬の美瑛で純白の大雪原を堪能してみた!

冬の美瑛で青い池のライトアップを見てきた!