iriomote jungle 西表島ジャングル

日本の誇る、世界的にもまれなほどに恵まれた生態系を誇る地、西表島。独立した島であり、また近年まで人間が定住できなかったその特徴がゆえに、驚くほど完璧なジャングルが楽しめる。離島を応援する企画【島あそび強化月間】では、この西表島について何回かにわけて紹介していく。

今回は夏休みにでも行けば最高の体験となるだろう、ジャングルを探検する「ジャングルトレッキング」について案内する。

原生林で感じるこの開放感よ

西表島に来たらなにはなくとも行って欲しいのが、原生林がそのままのこるジャングルへのトレッキング。いままでに見たことのない自然の生態系を目の当たりに出来るのが最大の特徴だ。

今回参加したカヌー&トレッキングのツアーでは、ジャングルのベストスポットへの入り口が川にあるため、そこまではカヌーで移動する。なんともRPGっぽい展開に、いつも以上にワクワクしている自分を感じてしまう。

iriomote jungle 西表島ジャングル

カヌーは水面をすべるように進むので、余計な波も立てず、また音もしない。すると、自然の中に自分が溶け込んでしまうような錯覚に陥ってくる。聞こえるのは水の音と鳥の鳴き声だけだ。

 

iriomote jungle 西表島ジャングル

こちらが上陸ポイント。ガイドさんの案内がなければ、2度と帰って来れないほどのジャングルが、ここからはじまる。

 

iriomote jungle 西表島ジャングル

先ほどのポイントから数分歩いただけでこの景色。もはや道もわからない。葉っぱの隙間から光が入ってくるため、全体的に緑っぽい光でおおわれているのも特徴だ。

 

iriomote jungle 西表島ジャングル

ある意味都会よりも狭い空。

 

iriomote jungle 西表島ジャングル

原生林ではすべての植物が巨大だ。こちらはゼンマイ…なのだろうか?ちなみに、手より大きい。

 

iriomote jungle 西表島ジャングル

なぜガイドさんはこんな道(道ですらない)を案内もなしに歩けるのだろうか?

 

トレッキングをしていると、足下に太いツルのようなものが伸びていることが多い。ツルというにはあまりにも巨大で、人がのってもびくともしないほどの強度を誇っている。

iriomote jungle 西表島ジャングル

時に川を渡る橋にもなってくれるこいつは「モダマ」という植物。特に最も巨大なモダマは、島じゅうを数キロ以上にわたって取り囲んでいるほどに長いのだとか。長いだけで無く、からみつくと相手を締めあげてしまう性質があるそうだ。つまりアサガオと同じ性質をもつツルが、人の腕や足くらいの太さになり、対象にものすごい力でまきつくということだ。もちろん相手は…。これが原生林…!実はいままでの写真にも、ほぼモダマが写っているので探してみて欲しい。

 

そうしてカヌーから上陸後、ジャングルを歩くこと1時間ほど。

 

到着したのはガイドさんが「秘密の場所」と呼ぶ、なんとも神聖な雰囲気のある湖だった。

Secret  Pool at Iriomote jungle 西表島ジャングル

なんという…神々しさ。西表島には神聖な滝なども多数存在するが、このジャングルの奧にある湖もまた、神聖な存在と言われても納得してしまうだろう。

iriomote jungle 西表島ジャングル

ちなみに危ない魚などはいないので、泳ぐことも可能。透明度は言うまでも無い。

 

その後、別のルートをたどってカヌーの上陸ポイントまでもどり、カヌー出発地点にもどって今回のトレッキングは終了。それにしても刺激的…というか、人間の奥底に眠る野生の血を思い起こさせてくれそうな体験だった。伊豆の山あいで生まれ育った私でさえそう思ってしまうのだから、よっぽどではないだろうか。

日本だけど日本では無いどこか。ぜひ、西表島のジャングルで衝撃的な体験してみてほしい。これは下手をすると人生観が変わってしまうのではなかろうか。ちなみに今回のガイドさんは、衝撃をうけてそのまま移住してしまったそうだ。

 

私たちが予約し参加したツアーはこちら。日帰りでもいろいろな体験ができたので、初めての西表島にはとても最適だった。

他にも西表島にはいくつかツアーやそれを実施する会社があるので、ぜひ探して問い合わせてみて欲しい。

大自然クルーズとカヌーツアー|沖縄西表島の総合情報サイト イリオモテドットコム

 

島あそび強化月間】では、離島だからこその楽しみを追求・紹介していく予定です!

Author Profile

のりお
のりおTwitter:@norio_airoplane
写真が好き。旅が好き。旅行記やネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。旅行はとにかく下調べをして「旅のしおり」を作って持参する派。Linkトラベラーズ創設より共同編集長を担当、2016年より単独の編集長に就任。

http://airoplane.net/

【博多土産】油で揚げないドーナツ!蒸気屋「博多焼どうなつ」がオススメだぞ!

温泉好きが黒川温泉の入湯手形で行ける立ち寄り湯を3か所選ぶとしたら?

まるで宝石!復活した鹿児島の伝統工芸「薩摩切子」づくりを見学できる薩摩ガラス工芸へ行こう! #GoGo工場見学

東京発福岡育ちの本格ハンバーガー!【今泉】ハングリーヘブン【ハンバーガーの旅】

エストニア政府観光局プレス・トリップにLinkトラベラーズのブロガーを派遣しました

いまトスカーナで見るべきものは?現地ガイドにピサの斜塔だけじゃない魅力を聞いた!

毎年京都に行く編集長が穴場としてオススメの京都紅葉スポットをこっそり教えます

【企画】ニュージーランド航空×Linkトラベラーズ ブロガーがリアルなニュージーランドをご紹介します!【実施中】