Beaver Tails

海外で食べたものが、思いのほか自分の記憶や経験と重なることがある。私がカナダで経験したそれは、まさに「子供の頃食べたなあ!」的なものだった。「BeaverTails(ビーバーテイルズ)」と呼ばれるカナダのソウフルードは、まさに日本の「揚げパン」なのだ。

その名の通り、ビーバーの尻尾

このビーバーテイルズは、カナダでとても愛されている、揚げパンのようなスナック。その形がビーバーの尻尾のように長くて平べったいことから、そのまま「ビーバーテイルズ」と呼ばれるようになったそうだ。1978年にオタワでスタートしたこの食べ物は、それから37年間ものあいだ、じわじわと広がりつつ、カナダ国民の食欲を満たしている。

Beaver Tails

こちら、私が訪れたバンフのビーバーテイルズ。実はバンフにはもう1軒あるほどに人気のお店なのだ。

Beaver Tails

店内はこのように、大変カラフル。ビーバーテイルズだけでなくジェラートなども販売されている。

 

Beaver Tails

こちらビーバーテイルズのカスタマイズメニュー。基本はシナモンだけのシンプルな揚げパンだが、いろいろなトッピングを乗せることで、自分だけの尻尾を作ることが可能だ。今回私は初回ということで、シンプルなシナモンをオーダー。

驚いたことに、オーダーが入ってから揚げるという、手間のかかるお菓子であった。して、待つこと5分ほど。提供されたあつあつのビーバーテイルズがこちらだ。

Beaver Tails

大きさは大きめの成人男性の手くらい。厚さはそこまででもないので、サクサクとかぶりついて食べ進める感じだ。とにかく熱い。熱いが、シナモンの刺激とシュガーの甘さがじんわりと効いてきて、次々と食べてしまう。なにより、この味わいは懐かしい。遠い昔、街中で買った揚げたての揚げパンを食べている感覚だ…。まさかカナダまできて、懐かしい味と出会うとは思わなかった。

これについては、ネタフルのコグレさんも同じ感想をあげている。

味の方ですが、本当に揚げパンでして、子どもの頃に食べたような、どこか懐かしさも感じる味でした。大きいけど薄いので、けっこうサクッと食べられちゃうと思います。揚げ立てはさくさくふわふわで美味しいですよ〜♪

「ビーバーテイルズ(BeaverTails)」カナダ名物!ビーバーの尻尾のようなふわふわ揚げパン

本当に懐かしい味なので、ぜひみなさんもカナダへ行った際にはお試しを。ちなみに、近い将来日本でオープンする予定もあるようだ。その際にはまた紹介してみたい。

BeaverTails | BeaverTails Pastry since 1978

 

偏愛郷土料理】では、その土地ならではのソウルフードを紹介中。ソウルフードを食べると、旅行がより楽しくなる!?

 

Author Profile

のりお
のりおTwitter:@norio_airoplane
写真が好き。旅が好き。旅行記やネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。旅行はとにかく下調べをして「旅のしおり」を作って持参する派。Linkトラベラーズ創設より共同編集長を担当、2016年より単独の編集長に就任。

http://airoplane.net/

冬のカナダ・アルバータ州の雄大なカナディアンロッキーと輝く白銀の世界

「ビーバーテイルズ(BeaverTails)」カナダ名物!ビーバーの尻尾のようなふわふわ揚げパン

ど迫力の地球を感じる…夏でしか味わえないカナダの本当の姿とその理由!

【驚愕の青さ】カナダで破壊される「天然の水は無色透明なもの」という先入観。

エストニア政府観光局プレス・トリップにLinkトラベラーズのブロガーを派遣しました

いまトスカーナで見るべきものは?現地ガイドにピサの斜塔だけじゃない魅力を聞いた!

毎年京都に行く編集長が穴場としてオススメの京都紅葉スポットをこっそり教えます

【企画】ニュージーランド航空×Linkトラベラーズ ブロガーがリアルなニュージーランドをご紹介します!【実施中】