02_H1

ムリしてリア充イベントに参加してきたコヤナギユウだよ。

去年、インターネットでこんな動画が話題になったんだ。

これはアメリカはソルトレイクシティという場所で行われた「Slide The City」というイベントで、公道を利用したウォータースライダー。

全長1000フィート(300m)をびしょ濡れで滑り落ちるのだ。

これが「Slide The City JAPAN」として日本上陸!

03

日本初上陸時に体験してきたコヤナギが、滑り方のコツを伝授するよ〜!

(編集部注:先にこちらの記事を読んでいると、なおわかりやすいです!)

 

ill02
▼浮き輪を用意するべし

ロケーションによると思うのだけど、傾斜や水量がいまいちな場合、想像より滑らないかもしれない。そんな時により上手に滑るため、浮き輪は必須。

身体一つで滑るより摩擦が低く、すべりすくなるのだ。

そのため、イルカやロブスターなどの複雑な形のフロートベッドより、シンプルな浮き輪。110cmくらいは欲しいだろう。公式の浮き輪はぴったりだ。

 

助走、大事

普通に生活していて頭からスライドすることなんてほぼない。満員電車だってせいぜい肩からタックルするくらいだろう。(ダメです)

滑りはじめは傾斜がいまいちなせいか、助走が大事。しかし走り込んで頭からダイブするのが結構こわい! 自分を信じる心が大切だ。

 

04

 

背筋が死ぬ

ダイブした後は重心をなるべく一点に集めることが、潤滑なスライドにつながる。しかしその後、一週間くらい着替えに支障をきたす程度の筋肉痛に襲われた。背筋が足りなくて、足なんて上げられなかったのに、だ。

 

09

楽しむ心

超ぶっちゃけるが全然滑らなかった!

 

わたしが参加したときは日本初の試みだったのでいろいろ模索中だったのだと思う。知らない人の団子の中へ突撃するという新しいアトラクションになっていた。

でもいい、それも楽しい。

海もプールもないのに、街中で水着姿になって、びしょ濡れで大爆笑できればこんなにリフレッシュできることはない。

 

わたしももう大人になったので、「休日」「リフレッシュ」といえばまったり休むことばかり考えていた。

だけど、今回はインターネットで見つけた「絶対参加したい」と思ってしまったリア充イベントに「えいやっ」と参加することで、新しい境地に達することができた。

この「Slide The City JAPAN」は、東京・お台場での第二弾が7月18〜20日に開催し、7月1日〜9月13日は長崎ハウステンボスで、8月15、16日は西武プリンスドームのドーム前広場で行われるとこと。

発散することも癒やしになる。苦手意識なんて吹き飛ばして、夏に任せてスプラッシュするのはいかがだろうか。

 

背筋死ぬけどな。

ここまで読んでくれてざすざす!

じゃ、また!

 

08

Slide the City JAPAN

 

sien440_03_logo

(本記事はLinkトラベラーズの旅ブロガー応援企画にて投稿されました。ブロガーに対して一定額の旅行券支給を行っています。なお、行き先や体験の内容、感想はブロガーに一任しております。)

女子力が高そうなジェラート屋さん「ViTO 新宿歌舞伎町店」がTOHOシネマズ 新宿の近くにOPEN

さて、海外旅行へ出発。成田空港でのオススメの過ごし方

この真夏の東京から、真冬のニュージーランドへ出発

ちょっとフライング気味に鎌倉のあじさいを見に行ってきた

DAY1: 永遠に飲める黄金のピルスナー・ビール発祥地チェコのPlzeň(プルゼーニュ)に行こう!

冬こそヨーロッパがお得! 観光も買い物も食事も失敗知らずなチェコ周遊7日間がおすすめ

「ゴールがなければ旅立てない男、気っぷはいいが口うるさい女」ピサの斜塔もベスパもフィレンツェもトスカーナ州にあり! 観光商談イベントに行ってきた

ニュージーランド旅にはキャンピングカーが最高に楽しい! #airnzjp #link_nz