鬼怒川ライン下り

温泉街として知られる、栃木県は鬼怒川エリア。

栃木県日光市から茨城県守谷市まで、全長約177kmもの長さの「鬼怒川」という川が流れている。

この鬼怒川、自然がつくる渓谷が美しいことでも有名なのだが、その美しい渓谷を「鬼怒川ライン下り」というサービスで楽しむことができる。

鬼怒川ライン下り

JR鬼怒川温泉駅から徒歩7~8分といったところだろうか。「鬼怒川ライン下り」の大きな看板のある、乗船場が見えてくる。

料金は、中学生以上の大人一人で2,700円。4歳以上の子どもは一人1,200円。あらかじめホームページから予約をしておくと一人あたり200円割引してもらえるので、予定が決まってたら予約しておいたほうがオトクだ。

鬼怒川ライン下り

受付を済ませて階段などで河辺まで下っていくと、「ライン下り」をするための船がとめてある。

鬼怒川ライン下り

乗客はちょっとセクシーなイラストの入った救命具を装着し、この船に乗り込む。

船頭さんによるライン下りツアーのはじまり

鬼怒川ライン下り

船には船頭さんが乗り込み、櫂で船をうまく操って鬼怒川を下りながら、鬼怒川の両岸に見える名所を案内してくれる。運転手兼バスガイドみたいな感じだろうか。

鬼怒川の流れも色々な表情を見せ、時折はげしく水しぶきが上がる。船にビニールのバリアのようなものが備え付けてあるので、同乗したほかのお客さんと協力して水しぶきを防ごう。

鬼怒川ライン下り

これがだんだん楽しくなってきて、ちょっとしたゲーム感覚も味わえる。

船の上から「鬼怒川ライン下り」を撮影した動画で、臨場感が伝わるだろうか。

水しぶきが激しくスリル満点の箇所もあれば、穏やかでゆったりと進む箇所があったり、緩急のある川旅だ。

6097040176_d906a83536_o

水しぶきの穏やかな場所ではゆっくりと景色を楽しめる。

鬼怒川LINE下り

岸辺から飛び込もうとする人たちに遭遇したり、手を降ってくれる人達も見かける。

岸辺で発見!「○◯岩」

象岩

これは岸辺に見かける象に見える「象岩」で

熊岩
これは「熊岩」。

6097036026_de18b3aeb1_o
さらに「ゴリラ岩」。自分では気がつかなくても、船頭さんのガイドで名所を堪能することができる。

この鬼怒川のライン下りは、4月〜11月までの期間、楽しむことができる。
季節によって川の水の量が大きく変わり、春には新緑、秋には紅葉と両岸の自然の景色も大きく変わる。時期を変えて繰り返し楽しむことができる自然のアトラクションだ。

実際の乗船時間は約40分で、待ち時間や川を下り終わった後にバスで上流に戻る移動時間も含めると大体1時間半くらいで楽しめるだろうか。

鬼怒川温泉へ足を運んだ際には、自然の渓谷美と川を勢い良く下るスリルをぜひ味わってみてほしい。

女子力が高そうなジェラート屋さん「ViTO 新宿歌舞伎町店」がTOHOシネマズ 新宿の近くにOPEN

さて、海外旅行へ出発。成田空港でのオススメの過ごし方

この真夏の東京から、真冬のニュージーランドへ出発

ちょっとフライング気味に鎌倉のあじさいを見に行ってきた

実はレモンの味がしない!?栃木でおなじみ「レモン牛乳」【偏愛郷土料理】

東武ワールドスクウェア ピラミッド

たった一日で世界旅行ができる?「東武ワールドスクウェア」

キャリーバッグ

機内持ち込みできるキャリーバッグのサイズまとめ。有効活用でちょっとラクをする

自分好みにカスタマイズして旅の記録を楽しむ「トラベラーズノート」