花に興味がある、無いに関わらず、心を動かされてしまうような、圧倒的な風景がある。私は写真が趣味なのでこういったところには積極的に出かけるのだが、時として、シャッターを押すのを忘れてしまうことさえ。

そこで今回は、Linkトラベラーズ登録ブロガーの推薦する、ゴールデンウイークに見ておきたい圧倒的な「花景色」を紹介したい。

国内最多のチューリップが咲きほこる「砺波チューリップ公園」

子供の頃、誰もが一度は育てたであろうチューリップ。その美しさを再認識させてくれたのが、Digital Life Innovatorのmasaさんが教えてくれた「砺波チューリップ公園」。

この圧倒的なチューリップの数、数、数!そしてこの色!実に650品種250万本のチューリップがGW前後でいっせいに咲くのだそう。これは圧巻だ!

場所は富山県の砺波市ということで、【行こう北陸】の流れで北陸新幹線に乗って行きたいところだろう。それにしても、本当にすごい。

場所はこちら。

img_552b8114b780c-full
>2014となみチューリップフェア 咲いた最多チューリップの花が

砺波チューリップ公園
富山県砺波市花園町1−32

 

見渡す限りの芝桜!都内からも近い羊山公園!

ひとつひとつは小さいけれど、たくさん集まることによって驚くほどに素敵な表情を見せてくれる芝桜。その名所と言われているのが、chawanのたわごとちゃわんさんが教えてくれた、秩父にある羊山公園だ。

ものすごい数の芝桜。人の大きさと比べると、どれだけの面積に植えられているかがわかるだろう。

1輪1輪はこのように小さな花である。

羊山公園の場合、武甲山を望むこの雄大な風景もポイントだろう。

最高だ。


img_552b8d6d89814-full
サイコロの旅 第2弾 和歌山→泉佐野→舞鶴→田切→秩父→? #23 羊山公園の芝桜

羊山公園
埼玉県秩父市大宮6267

 

世界最高の藤が見られる、あしかがフラワーパーク

こちら先日も紹介させていただいた、世界でも最高の藤が見られるあしかがフラワーパーク。この唯一無二の景色と、園内を満たす圧倒的な香りは、現地に行かないと全てを理解することは難しいだろう。しかし、それがゆえに、圧倒的なのだ。

樹齢150年を超える大藤や、長さ80mの白藤のトンネルなどをはじめ、350本以上の見事な藤が咲きほこる「藤の楽園」。大藤による藤棚は、600畳敷き、1,000平方メートルにも及ぶ大きさ。藤の生命力の強さにも驚かされること間違いないだろう。

こちらはまわりぶろぐDigital Life Innovatorエアロプレインと3つのブログも推しており、このGW前後の季節としては日本最強クラスの景色と言えそうだ。


14064041014_b02b16cff7_b
絶景かな!世界最高の藤棚「あしかがフラワーパーク」へはGW前半までに行くべきだ!

あしかがフラワーパーク
栃木県足利市迫間町607

 

大盆栽まつり@大宮 盆栽に咲く花はとても雅!

最後に、少し趣向が異なる「花景色」もご紹介。

ゴールデンウイークに大宮の盆栽町で開かれる「大盆栽まつり」は、全国から盆栽業者が参加して盆栽を転じ直売するまさに「盆栽のおまつり」。

そこで展示される盆栽には、花が満開なものも少なくない。何を隠そう、私もあまりに盆栽の花が美しく、盆栽をはじめてしまったクチだ。

大盆栽まつり 2014

盆栽は見立て/デフォルメの世界なので、鉢の中に巨木を感じたり、雑木林を感じたりすることができる。いままで紹介してきた広大な花景色とは180度逆の、濃縮された花景色が楽しめる世界なのだ。

第27回 大盆栽祭り (2010)

藤だって盆栽になる。

大盆栽まつり 2014

サンザシは満開だ。

大盆栽まつり 2014

これも盆栽。

大盆栽まつり 2014

ちょっと普通ではない「花景色」だが、大変おすすめである。

大盆栽まつり
5月 3日(日)〜5日(火・祝)
9:00から17:00まで(ただし最終日の5日は16:00まで) ※雨天決行

会場はだいたいこの「盆栽四季の家」あたり。

 

今回はLinkトラベラーズ登録のブロガーがオススメする、ゴールデンウイークに行きたい日本の花景色をご紹介した。もし「もっと素晴らしい場所を知っていて、既にブログを書いている!」ということであれば、ぜひ下記バナーからLinkトラベラーズに登録して教えて欲しい!

 

Author Profile

のりお
のりおTwitter:@norio_airoplane
写真が好き。旅が好き。旅行記やネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。旅行はとにかく下調べをして「旅のしおり」を作って持参する派。Linkトラベラーズ創設より共同編集長を担当、2016年より単独の編集長に就任。

http://airoplane.net/

名古屋・文化のみちで大正ロマン建築を満喫

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その1 – 新宿から須走五合目まで

短時間で飛騨高山を堪能するなら、飛騨牛寿司をちゃちゃっと食べるのがオススメ

石川県の羽咋市駅前にはジョジョ立ちの聖地があった!?

エストニア政府観光局プレス・トリップにLinkトラベラーズのブロガーを派遣しました

いまトスカーナで見るべきものは?現地ガイドにピサの斜塔だけじゃない魅力を聞いた!

毎年京都に行く編集長が穴場としてオススメの京都紅葉スポットをこっそり教えます

【企画】ニュージーランド航空×Linkトラベラーズ ブロガーがリアルなニュージーランドをご紹介します!【実施中】