旅行に行くときの服装は毎回悩むもの。

「おしゃれはしたい、でもかさばらないようにしたい、寒い場所でも暑い場所でも柔軟に対応できるようにしたい」など、特に女性は考えることが多いのでは。

私が3ヶ月の世界一周旅行に行く前、この問題に検討に検討を重ね、そして旅行から帰ってきて行き着いた結論、やっぱりユニクロのコスパと便利さと万能さは何ものにも代えがたいということ。

そこで私が主に世界一周旅行で役立ったユニクロの衣類を紹介。
しかもほとんど今も買い替えたりしながら現役で着ていたりするので、間違いない(はず)。

ヒートテック

20150314_uniqlo03

いきなり定番中の定番過ぎて申し訳ないけど、ヒートテックは素晴らしい。
黒いクルーネックTはインナーとして着るのは当然、寒い場所では2枚重ねて着てもよし、涼しい場所ではヒートテックの上にTシャツ重ね着しても良い。
そしてヒートテックのレギンスも荷物にならなくて暖かい防寒アイテム。寝間着にもできて、2枚重ねすれば冬もいける。とにかくかさばらないボトムアイテムとして優秀である。

ウルトラライトダウンジャケット

20150314_uniqlo02

ユニクロの冬のアイテムの超定番商品、ウルトラライトダウンジャケット。
毎年改良を重ねていろんな種類で登場するウルトラライトダウンジャケットは、やっぱり誰もが認める優秀アイテムだろう。
黒いウルトラライトダウンジャケットは、見た目はまるでゴミ袋のようだが、基本はインナージャケットとして着る。暖かさが格段に違う。専用の袋に入れておけば、クッション代わりにも枕代わりにも、ガジェットを包むための緩衝材としても使える。また肩周りが楽なのでこれも寝間着として着れてしまう。ジョギング時にも着れてよかった。

マウンテンパーカー

これは売ってたり売ってなかったりするが、過去に8000円くらいで購入した黒くて薄手で、風にも雨にも強いブロックテックマウンテンパーカはアウターとして大活躍する。とにかくかさばらない。雨が降ったらフードを被って雨具としてもかなりいけるし風を通さないので中にウルトラライトダウンジャケットを着こめば、どの冬も行ける。そして今ではスノーボードのアウターとしても使えるという万能なアウター。そして全然ヘタれない。本当にこれ買ってよかった。(アークテリクスとか5万以上するのに、ユニクロは1万以下だったの、何でだったんだろう)

ブラキャミソールにウルトラシームレスショーツ

インナーはすべてユニクロのエアリズムのブラキャミソールにウルトラシームレスショーツ、しかもすべて黒。
ブラキャミソールのよさは、暖かい場所も寒い場所もすべての地域において万能に使えるところ。
暖かい場所では、上にどんなワンピースやTシャツを着ても透けず、寒い場所でもお腹が冷えにくく、インナーとしての万能さが光る。
ウルトラシームレスショーツは履き心地がよく、ショーツラインが透けることもない。
さらに非常に薄いので荷物にならず、すぐに乾くのもすばらしい。旅先の部屋で手洗いして一晩で乾くショーツは重宝する。

ちなみに色は合わせやすさと汚れの目立たなさから、インナーもアウターも全部黒一色、色で悩む必要一切なし。そしてユニクロを選ぶことにのもうひとつの価値としては、いつでもどこでも同じものが売っているということ。
ヒートテックもパンツもキャミソールもダウンジャケットも、これらのような定番アイテムは毎年ちょっとずつアップデートされて同じものが売られている。季節的に夏物、または冬物が買えない場合はユニクロのオンラインストアを探してみると意外とあったりする。

ほとんどの日本人が認めているとは思うけれど、やっぱり旅に行く前はユニクロに駆け込むのが結果として間違いないのである。

Author Profile

Mayumi IshikawaTwitter:@mayumine
株式会社ロフトワークに所属、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」の広報兼プランナーと、ライター業の2つの仕事に従事。HDRフォトグラファー、著書に「HDR写真 魔法のかけ方レシピ」。2013年に夫婦で世界一周旅行に。2015年までLinkトラベラーズの共同編集長を担当。

旅行者必見!冬のフィンランド・エストニアの服装と防寒対策 #link_finland #link_estonia

空港の手荷物を無人カウンターで預けられる!羽田空港が機械化しててビビったぞ!

こんなのあったの!?→スーツケースにバッグを固定できる専用ベルトがめっちゃ便利だぞ!

海外ショッピングで免税のリファンドを受け取るために知っておくべき重要なこと

スリランカの秘境リゾート、ジャングルと一体化するヘリタンス・カンダラマホテルに泊まる

冬のカナダ・アルバータ州の雄大なカナディアンロッキーと輝く白銀の世界

絵画のような世界、モネの睡蓮にちなんだ通称「モネの池」に行ってきた

大迫力!飛行機が頭上を通過する中米のリゾート「マホビーチ」