祝!北陸新幹線開業!ということで、旅マガジン「Linkトラベラーズ」でも北陸の特集記事を公開していく連載【行こう北陸】をスタートした。小京都と呼ばれる金沢を中心に、目で舌で楽しめる北陸の魅力を、トラベラーズ登録ブロガーさんの記事も交えながらご紹介する。

まずは、鮨、寿司、スシです!北陸でしか食べられないこの味わいを、ぜひ味わって欲しい!

 

北陸に来て思い知る、本物ののどぐろ

北陸に来たら絶対に食べたいもの、いや、食べなくてはいけないうちの一つに「のどぐろ」も入るだろう。

この聞き慣れない魚の本当の名前は「アカムツ」。口の奥が黒いので「のどぐろ」と呼ばれるそうだ。ちなみに「ムツ」とはまったく違う種類の魚である。

して「のどぐろ」、なにがすごいかといえばその「あぶらの乗り」だろう。テキストで表現するのは大変に難しいのだが、とろっとした身の中に凝縮された甘みと旨さがあり「白身のトロ」という異名も納得のほど。しかも、「良いのどぐろ」はもう表現レベルを超えてしまうほどにうまい。焼いても旨いし、骨だけで出し茶漬けを作っても大変にうまい。とにかく、地域によっては滅多に出会えないが、あまりにもうますぎる魚のひとつが「のどぐろ」なのである。

寿司としては、あぶらを生かすために軽く炙って出す店が多いように思える。口の中で溶けていくあの独特の食感は、クセになること間違いなし。私にとっては「追加で何か頼みますか?」と聞かれたなら、たとえ2度目だろうと頼んでしまうネタのひとつである。ああ、食べたい。

 

北陸に来て知る「ガスエビ」という存在!

北陸・金沢に来て、寿司を食べて最初に驚くとしたら、この「ガスエビ」の存在ではないだろうか。「えっなにそれ」というのが私の反応だったが、皆さんはどんな反応をするだろうか。

このガスエビ、実はいくつかのエビの総称で、黒っぽく見た目の悪いエビがそう呼ばれるのだとか。ただし金沢と富山、さらには地域によっても区分が繊細なようで、正確に把握するのは難しそうだ。

そんな見た目の悪いエビが、とにかくうまいのだ。まったりと甘く、プリプリと弾ける身。こんなうまいエビがあったのか!と驚くこと間違いないだろう。入荷も少なく、シーズンも短いというこのガスエビだが、春の金沢に行けば食べられる可能性も低くはないだろう。

思い出すだけでもまた食べたくなる。ああガスエビ…。

 

さて、以下ではそんな金沢独特の寿司を極限まで堪能できるシチュエーション別な3つの店を紹介しよう。

 

ホテルの中にカウンター。気張らず入れる「弁慶(実は太平寿し)」

まず最初に紹介するのが、金沢駅最寄りの「ホテル日航金沢」内にある、和食料亭の「弁慶」だ。えっ?寿司じゃ無いの?と思われるかもしれないが、実はこの弁慶、中に寿司専用カウンターを持っている隠れた寿司店なのである。しかもだ、この弁慶を運営しているのは金沢でも指折りの名店「太平寿し」。

名前は弁慶だけど、スタッフは「太平寿し」なんですね。この事実が意外と知られていないんです!

余談ですが、太平寿しの大将といえば、コア日本代表サポとして有名です。中東でもどこでも、店を休んででかけちゃうのが太平寿しクオリティ!今年のW杯期間中も、きっと本店はお休みになるのでしょう(笑

「弁慶」@金沢駅前の日航ホテル内で「太平寿し」が食べられる秘密

駅からのアクセスも良く、予約も取りやすく、なにより入りやすい。穴場中の穴場と言えるだろう。

 

もちろんガスエビも絶品だが、この弁慶のウリといえば、やはりのどぐろ。

しかもこちらは「蒸し」での提供。想像するだけで空腹感が増してくる。

寿司を蒸しており、暖かみの中に脂のとろみとほろほろ感がたまりません。うわあこれは凄い料理だ。

「弁慶」@金沢駅前の日航ホテル内で「太平寿し」が食べられる秘密

これは…味わってみる必要がありそうだ。詳しくは上記引用元のブログ記事で確認して欲しい。

 

兼六園/金沢城/21世紀美術館近くだけど見つけられない超名店「乙女寿司」

駅前のホテル日航に対して、観光のメッカである兼六園/金沢城/21世紀美術館近くの名店が、こちら「乙女寿司」。食べログで4点を超える恐ろしい寿司店だが、値段も常識的、かつ平日昼であればふらりと行っても入れることが多いという、こちらもまた大変に気軽な店である。しかも子連れでの来店もウェルカムというから懐が深い。ちなみに前述ののどぐろとガスエビの写真は、この乙女寿司のものだ。

光り物は鉄板間違いなし。

もちろんマグロにも手抜きなし。

だが、やはりのどぐろだ。

「のどぐろ」のお寿司が本当にうますぎた!軽く炙って旨味が倍増しています。隣の人も2回頼んでましたが、例に漏れず僕も2回頼みました。脂ののりが素晴らしく料理としてとても完成度が高かったです

乙女寿司@金沢のランチは極上の寿司が想像よりずっと安く食べられて感激!

味だけで無く包丁のいれかたも必見の「芸術品」的な寿司を食べられるこの乙女寿司、難しいとされる辿り着き方など含めて、上記引用元ブログ記事をご確認いただきたい。

 

日本最高の寿司店と名高い「小松弥助」

江戸前寿司の最高峰店主が通い、「西に小松弥助あり」とまで言われたという名店中の名店。こちらで修行された方がまた名店へと成長するという、師弟関係も含めて日本最高の寿司店、板前という人も少なくないそうだ。

大将もお歳だし、アクセスも良くはない。営業時間は昼だけ。予約もいつとれるかどうか…というハードルの高さはあるが、それを補って余り有るほどの満足感が得られることだろう。

 

残念ながら現在の金沢の登録ブロガーさんで、小松弥助に行った方の記事が見つからなかった。もし小松弥助に行ったことのあるブロガーさんで、記事や写真の転載をしてもいいよ!という方がいらっしゃったら、こちらからトラベラーズへと登録してほしい

 

他にも名店の多い金沢。行こう北陸、食べよう北陸

今回は金沢に来て食べたい代表的な寿司ネタと、シチュエーション別に3つの名店を紹介した。

トラベラーズでは引き続き北陸の特集を組んでいくので、これからも楽しみにお待ちいただければ。

なお、特集の記事はこちらにまとまっている。

行こう北陸、食べよう北陸 | Linkトラベラーズ

 

お店について詳しくはこちらの記事からどうぞ

「弁慶」@金沢駅前の日航ホテル内で「太平寿し」が食べられる秘密

乙女寿司@金沢のランチは極上の寿司が想像よりずっと安く食べられて感激!

Author Profile

のりお
のりおTwitter:@norio_airoplane
写真が好き。旅が好き。旅行記やネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。旅行はとにかく下調べをして「旅のしおり」を作って持参する派。Linkトラベラーズ創設より共同編集長を担当、2016年より単独の編集長に就任。

http://airoplane.net/

名古屋・文化のみちで大正ロマン建築を満喫

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その1 – 新宿から須走五合目まで

短時間で飛騨高山を堪能するなら、飛騨牛寿司をちゃちゃっと食べるのがオススメ

石川県の羽咋市駅前にはジョジョ立ちの聖地があった!?

エストニア政府観光局プレス・トリップにLinkトラベラーズのブロガーを派遣しました

いまトスカーナで見るべきものは?現地ガイドにピサの斜塔だけじゃない魅力を聞いた!

毎年京都に行く編集長が穴場としてオススメの京都紅葉スポットをこっそり教えます

【企画】ニュージーランド航空×Linkトラベラーズ ブロガーがリアルなニュージーランドをご紹介します!【実施中】